高校生・大学生のつらたんバイト体験談を赤裸々に語るよ!

学生時代のバイト事情

バイト雑談・知識

月10万稼ぐのに最適なバイトおすすめランキング8選【月収10万】

更新日:

スポンサードリンク

 

学生の皆さん、バイトで月10万稼ぐ方法教えます!

今回は、月10万円以上稼げる時給の高いバイトのご紹介と併せて、バイトでどのくらい働けば月収10万になるのか、高校生でもバイトで1ヵ月で10万円稼げるのか、月10万稼ぐと税金や保険はどうなるのか、などなど気になる疑問も解決していきますね!

それでは、月10万稼ぐのに最適なバイトおすすめランキング8選、どうぞ!

どのくらい働けば月10万稼げるか

働けば働くほど稼げるのは当たり前ですが、具体的にはどのくらいの時給で、どのくらいの日数・時間働けば、月10万稼げるのでしょうか?方法は2つあります!

高い時給で効率よく稼ぐ

大学に通いながらの学生や、家事の合間に働く主婦(主夫)の方はあまり長い時間バイトに拘束されると困りますよね。できれば高い時給で少ない日数・少ない時間働いて、効率よく稼ぎたいという人が多いのではないでしょうか。
例えば、コールセンターの時給相場は1200~2000円です。首都圏だと時給1500円以上もらえる場合が多いので、時給1600円として計算すると、100,000÷1,600=62.5なので、1ヵ月63時間働けば10万稼げます。次に日数ですが、月に20日間働ける場合は1日3.15時間、月に10日間しか働きたくないという場合でも1日6.3時間勤務すれば月10万円以上稼ぐことができます。

安い時給で楽しくたくさん働く

バイトで生活しているフリーターの方や、夏休み中の高校生・大学生などは比較的時間がたくさんあると思うので、時給は安くても、楽しいバイトで多くの時間働くというのも1つの手です。
例えば、リゾートバイトの時給相場は1000円です。100,000÷1,000=100なので、1ヵ月100時間働けば10万稼げます。次に日数ですが、1日5時間働くとすると、1ヵ月20日間働けば月10万円稼ぐことができます。

高校生でも1ヵ月で10万稼げるか

結論から言うと高校生でも月10万稼げます。ただし、高校生がバイトする場合、法律で以下のことが定められています。

  • 1週間の労働時間は40時間まで
  • 1日の労働時間は8時間まで
  • 22時以降は働いてはいけない

高校生バイトの時給相場である時給900円で月10万以上稼ごうと思えば、1ヵ月で112時間働く必要があります。しかし、平日に高校生がバイトできるのは学校が終わったあとの18時頃からになると思われるので、22時まで働いても1日4時間しか働けません。つまり、平日に毎日4時間バイトしても、月80時間くらいにしかならないのです。よって、足りない32時間は土日で頑張ることになります。1日に働いてよいのは8時間までなので、1ヵ月に4日間くらいは土日を犠牲にしてバイトしないと、高校生が月10万円稼ぐのは難しいでしょう。

月10万稼ぐ際に注意すること

月10万以上稼ぐということは、年収が120万円以上となりますね。それに、毎月ぴったり10万になることもないと思うので、年収が130万を超えることも十分考えられます。ここで注意すべきは、年収が103万円ないしは130万円を超えた場合の税金や社会保険についてです。

103万の壁について

年収が103万円を超えると、これまでは払わずに済んでいた所得税を払わないといけなくなります。(「結構稼いでるじゃん、だったら税金払ってね」ってことです。)それに、親や配偶者の扶養家族になっている場合は扶養から抜けることになり、親や配偶者が払う所得税が高くなってしまいます。(親や配偶者に対して「家族養ってたから税金安くしてあげてたけど、養ってないなら安くしないよ」ってことです。)ちなみに学生の場合は特別に、自身の所得税課税についてはボーダーラインが130万円に上がりますが、103万を超えた時点で扶養から外れることには変わりありません。さらに住民税が増加するのも100万が目安なので、年収が103万を超えると税金がかかると覚えておいてください。

130万の壁について

年収が130万円を超えると、今度は親や配偶者の健康保険の扶養から抜けることになります。そうなると、保険は国民健康保険に加入するか、バイト先の社会保険に加入することになるので、年収が130万を超えると保険料がかかると覚えておいてください。

月10万稼ぐのに最適なバイトおすすめランキング8選

1位:コールセンター

コールセンターでテレアポ・テレオペのアルバイト

おすすめ1位はコールセンターのバイトです。前述したように、コールセンターのバイトの時給相場は1200~2000円と高く、短い勤務時間でたくさん稼げるバイトの代表格です。時給1600円とすると、1日4時間、月に16日間(週4くらい)勤務すればもう月収10万以上稼ぐことになります。

コールセンターと聞くと「仕事が難しそう」「敬語が上手に使えないから無理そう」と思いがちですが、インバウンド(受信)もアウトバウンド(発信)も基本はマニュアルに沿って対応を行うので、さほど難しくありません。電話対応で困ったときはSVと呼ばれる管理者に聞いたり、電話を代わってもらえるので、未経験でも問題なく働けます。
ただし、業務内容によってはクレームも受けることになるので、メンタルの弱い人はおすすめしません。クレームを受けても「仕事だから仕方ない!」と気持ちを切り替えられるなら、コールセンターは時給が高く、月10万なんて余裕で稼げるのでおすすめです。コールセンターでバイトをすると敬語や電話応対のスキルはもちろん、臨機応変な対応も身につくので就活前の大学生にもオススメのバイトですよ!

月10万稼げること以外のメリット

  • マナーや臨機応変な対応が身につく
  • 冷暖房完備の快適な部屋で仕事できる
  • 髪の色、ネイル、ピアスなど自由のところが多い

デメリット

  • クレーム対応がつらい
  • 座りっぱなし、喋りっぱなしがきつい
  • 女性が多いので人によっては人間関係に苦労する

2位:パチンコ屋

パチンコ屋のバイト

stokpic / Pixabay

おすすめ2位はパチンコ屋のアルバイトです。パチンコ屋の時給相場は首都圏だと時給1350円以上、地方でも時給1100円以上と高額であることが多く、さらに22時以降は深夜手当で時給が25%アップします。時給1350円とすると、1日5時間、月に15日間(月の半分くらい)勤務すれば月収10万円稼げます。

パチンコ屋のバイトでは、ホールスタッフ、カウンター、ワゴンなど担当が分かれており、それぞれの持ち場で働きます。パチンコ屋は「客層が悪そう」「ドル箱が重くて大変そう」というイメージがあるかもしれませんが、客層に関しては、だいたいは普通のサラリーマンか主婦、おじいちゃん、おばあちゃんなので、接客はそれほど大変ではないです。それに、パーソナルシステムを導入している店ならドル箱も運ばなくて済みます。
では何が大変かというと、店内の音とタバコの煙です。たばこについては最近では分煙・禁煙している店も多いのでまだ良いとしても、音だけはどうにもなりません。音のうるささに耐えられるのであれば、パチンコ屋は全国どこでもあるので求人も多いですし、月10万円稼ぐバイトとしてはおすすめです!

月10万稼げること以外のメリット

  • 研修制度やマニュアルがきちんと用意されているので、パチンコ未経験でも働ける
  • 他の接客業に比べて身だしなみ(髪色、ネイル、ひげなど)がゆるい
  • 求人が多い

デメリット

  • 音がうるさい
  • 店によってはタバコの臭いがつく
  • 店によっては重いドル箱を運ぶ必要がある

3位:コンビニの夜勤

コンビニバイトの評判

おすすめ3位はコンビニ夜勤のバイトです。コンビニバイトは22時~翌5時までの時給が25%アップするので、例えば昼間の時給が1000円のコンビニだとすると深夜帯の時給は1250円になります。22時~朝5時まで7時間働けば8750円稼げますね。これなら月に12日間(週3くらい)働けば月収10万稼ぐことができます。

コンビニは朝・昼だと「混雑してレジが回らず大変」と聞きますが、夜は混雑しません。それに、防犯上の理由で深夜は2名体制でスタッフを入れるコンビニが多いので、1人きりにはならず、怖くもないです。コンビニによっては廃棄弁当がもらえて食費が浮くというありがたいメリットもありますよ!
ではコンビニ夜勤バイトの何が大変かというと、夜間に搬入される商品の陳列や、忙しい昼間にはできないフライヤーの清掃、トイレ掃除などです。他にも廃棄チェックや本の整理など、2名で行うには作業量が多くて大変なようです。とはいっても接客の大変さとは違うので、黙々と手を動かすのが好きな人はコンビニ夜勤バイトがおすすめです。

月10万稼げること以外のメリット

  • お客さんが少ない
  • 自分のペースで仕事できる
  • 店によっては廃棄がもらえる

デメリット

  • 作業量が多い
  • 昼夜逆転の生活になる
  • 飲み物や本の陳列が重い

4位:データ入力

データ入力のバイト

janeb13 / Pixabay

おすすめ4位はデータ入力のバイトです。データ入力の時給相場は1200円~1800円なので、仮に時給1400円だとすると1日に5時間、月に15日間(月の半分くらい)勤務すれば月収10万以上稼げます。

データ入力バイトは主にWordやExcelを使ってパソコンに顧客データや売上データなどを入力する仕事です。名前や住所、数字を入力するので、ミスなく正確に打ち込む必要があり、タイピングが得意かどうかと合わせて、ルーチンワークが好きか嫌いかという性格の向き・不向きがあります。
「目が疲れる」「肩がこる」などデスクワークにありがちはデメリットこそあるものの、作業自体は難しくないことと、あまり人と話さなくてよい仕事なので、ひたすらデータを入力するのが苦じゃなければかなりオススメできるバイトです。シフトも融通が利きやすいので主婦や大学生も多く働いています。

月10万稼げること以外のメリット

  • 冷暖房完備の快適なオフィス
  • タイピングが速くなる
  • 人とあまり話さなくてよい

デメリット

  • 目・肩・腰・手が疲れる
  • バイト先によってはノルマがある
  • 単調作業がつまらない

5位:居酒屋

居酒屋バイト

Alexas_Fotos / Pixabay

おすすめ5位は居酒屋バイトです。居酒屋は夜遅くまでやっている店が多いので、22時以降の時給25%アップの恩恵を受けられます。通常時給1000円だとすると22時以降は1250円なので、大学生が19時~25時まで働くとすると1ヵ月に15日間(月の半分くらい)働けば月収10万以上稼ぐことになります。

居酒屋バイトの仕事はホールとキッチンに分かれますが、どちらも最初はメニューを覚えるのが大変ですし、忙しい時間帯はオーダーが混乱しててんやわんやしたり、結構きついです。ホールだと酔っぱらったお客さんに絡まれるのも辛いところ。
でもバイトを続けていれば必ず慣れますし、居酒屋バイトでは同世代のスタッフが働いているのでスタッフ間で仲良くなったり付き合ったりすることもあり、稼げるだけでなく新しい出会いも期待できるバイトです。さらに賄い(まかない)付きのバイトなら食費も浮いて一石二鳥!ひとり暮らしの人やアルバイト未経験の大学生には居酒屋バイトをおすすめします!

月10万稼げること以外のメリット

  • スタッフ間の仲がよく、楽しい
  • 店によってはまかないが出る
  • 接客スキルが身につく

デメリット

  • 忙しいと体力的にきつい
  • 料理、たばこ、お酒の臭いがつく
  • 酔っ払いに絡まれる

6位:家庭教師

家庭教師バイトをおすすめ出来る大学生は?

おすすめ6位は家庭教師のバイトです。家庭教師バイトは給料が一コマ(60分とか90分)で〇円と設定され、時給に換算すると1600円~2000円ほどです。時給1800円とすると、1日3.5時間、月に16日間(週4くらい)働けば月収10万稼げます。

家庭教師バイトのメリットは自分で収入をコントロールできる点です。たくさんお金を稼ぎたいと思えば何人も生徒を掛け持ちして稼げばいいですし、税金や保険料を考えて「あまり稼ぎすぎるのも困る」と思えば授業を少なく入れればよいのです。働く時間帯も夕方以降のことが多いので大学生でも両立しやすく、体力的にも楽でおすすめです。
ただし時給が高い分「生徒のやる気がなく、仕事にならない」「成績アップしないと保護者からクレームが来る」など頭の痛くなるようなデメリットも。さらに、そもそも子供が苦手だったり、教えるのが得意ではなかったりなど、その人自身の向き・不向きもあります。子供が好き、人に何かを教えるのが得意という大学生にはおすすめのバイトです。

月10万稼げること以外のメリット

  • 収入をコントロールしやすい
  • 大学と両立できる
  • 教える力が身につく

デメリット

  • 子どものやる気に左右される
  • 親からクレームが来ることもある
  • 1日に働ける時間が短い

7位:イベントスタッフ

Free-Photos / Pixabay

おすすめ7位はイベントスタッフです。イベントスタッフは時給より日給で給料が支払われることが多く、日給相場は1万円前後です。月に10日間働けば月収10万稼げます。

イベントスタッフのバイトの仕事内容はイベントにより様々です。コンサートやライブ会場の運営や警備、グッズ販売、映画のエキストラから、コンパニオンやキャンペーンガールのようなPRの仕事もあります。イベントによっては仕事内容を当日まで知らされないこともあるようです。イベントスタッフとして働くといろんな人と出会えますし、新しい友達も出来ます。逆に、もしバイト先に嫌な人がいても、イベントスタッフは基本は単発のバイトなので職場の人間関係に悩まなくてよいのがメリットですね!
デメリットとしては、イベントは土日に行われることが多いのでシフトが自由に組めないことや、イベント開催地が遠方だと通勤が大変なこと、イベント中に忙しいと休憩が取りにくいこと、意外と身だしなみに厳しいことです。楽しいバイトがしたい大学生、わいわいした感じが好きな大学生にはイベントスタッフはおすすめです!

月10万稼げること以外のメリット

  • イベントに参加している感じがして楽しい
  • 芸能人に会えることもある
  • 単発バイトなのでスタッフ間の人間関係を気にしなくてよい

デメリット

  • 働くのは主に土日祝
  • イベント開催地が遠方のこともある
  • 休憩が取りにくい

8位:リゾートバイト(リゾバ)

リゾートバイト

AgEGlobalGroup / Pixabay

おすすめ8位はリゾートバイト(リゾバ)です。時給相場は1000円前後と高くはありませんが、時給が安くても夏休みや冬休みに旅行気分で(と言うとバイト先に怒られそうですが笑)、楽しく働けるのがよいところです。時給1000円のリゾバだと、1日5時間、1ヵ月20日間働けば月収10万稼げます。

リゾートバイトの仕事内容はホール、キッチン、仲居などです。ほとんどの場合は旅館やホテルに住み込みでバイトすることになるので、宿泊代(寮費)や食事代もタダになり、時給が安い分、こういうところで節約できますよ!温泉、スキー場、海などリゾート地でのバイトなので本当にいい思い出になりますし、新しい友達もできて楽しいです。
ただ、バイト先も繁忙期だから人を欲しているわけで、結構忙しいです。求人情報を見れば分かりますが、休みも月に4~6日しかもらえない場合もあります。月10万稼げるバイトとして紹介しましたが、それ以上に稼げてしまう可能性大です。思い出作り、働く経験、オトクな寮・食費無料という点から、大学生に俄然おすすめのバイトです!

月10万稼げること以外のメリット

  • 友達ができたり思い出になる
  • 短期バイトなので長期で働かなくてよい
  • 寮・食費無料で通勤時間0分(住み込みの場合)

デメリット

  • 休みが少ない
  • 繁忙期しか求人がない
  • 田舎なので周りに何もない

まとめ

月10万稼ぐのに最適なバイトおすすめランキング8選をお届けしましたが、いかがでしたか?
月収10万円以上稼ぐポイントとしては、時給の高いバイトを選ぶこと、22時以降も働けるなら働くこと、せっかくなら大学生ならではの楽しいバイトを探すことですかね!
高校生の場合は勤務時間や日数が法に触れないよう気を付けて、扶養に入っている主婦(主夫)や学生は税金面で気を付けて、がっぽり1ヶ月10万以上稼いじゃってくださいね!

月10万バイトまとめ

QuinceMedia / Pixabay

スポンサードリンク

 

-バイト雑談・知識

Copyright© 学生時代のバイト事情 , 2019 All Rights Reserved.