高校生・大学生のつらたんバイト体験談を赤裸々に語るよ!

学生時代のバイト事情

バイト雑談・知識

ラブホテルのバイトの評判口コミ | 2019年最新版

投稿日:

スポンサードリンク

 

ラブホテル(ラブホ)って実は安定したバイト先だったりしませんか?「そーいえば、あのラブホテル(ラブホ)なくなったよねー」なんてあんまり聞かないじゃないですか。
よっぽどコンビニや飲食店の方が「あれ?この前まであったよね?」なんて事がざらにありませんか?今も昔もそれだけ、ラブホテル(ラブホ)は需要があり続けているということ。

今回は、そんなラブホ(ラブホテル)バイトをされた方の口コミや評判をお届けします。働くと時給も割と良いので、バイトしてみたら案外「楽で稼げる」メリットがたくさんあるバイトかも?

ラブホテル(ラブホ)の面接対策や業務内容、バイトの志望動機やきつい内容まで。掛け持ちにと考えているあなたにも、必見のラブホテル(ラブホ)バイトあるあるも調べてみました。

ラブホテル(ラブホ)のバイトの仕事内容

 

清掃とフロントの2パターン

ラブホテル(ラブホ)のバイトといっても、2種類のバイト内容に分かれます。1つはラブホテル(ラブホ)の受付を行う「フロント」。通常のホテルのフロントと違い、基本的には、お客様と面と向かって接客するという事は、ほぼありません。

もう1つは部屋の掃除を行う「清掃員」です。ルームメイクともいいます。二人一組などチームで清掃を行うホテルもあれば、一人で清掃を熟す場合もあるようなので、求人の内容を確認して、面接の際に聞いてみると良いでしょう。
ベットメイキングやバスルームの清掃など、ただバイト先がラブホテル(ラブホ)というだけで他のホテルの清掃と何ら変わません。
体力に自信がある方接客が苦手な方におすすめのバイトです。

おすすめできないのは、潔癖ぎみな方です。ご想像にお任せしますが、お部屋はいろいろな状況の場合があり、時には、血がついている場合もあったりするようです。一週間もすれば慣れる人もいれば、絶対無理!という人もいます。仕事として割り切れるかがポイントですね。

さらに、料理を提供するラブホテル(ラブホ)では、キッチン担当の募集がされるパターンもあります。主に求人に掲載されているのは、フロントと清掃のバイトが多いです。
 

24時間好きな時間帯に働ける

ご存知の通り、ラブホテル(ラブホ)は24時間営業しています。プラスに捉えれば、好きな時間帯に働く事ができるんです。なので、バイトの掛け持ちもできますよ。

ラブホテル(ラブホ)のバイトはきつい?

体力的にきつい

ラブホテル(ラブホ)の清掃を担当する場合は、体力勝負です。忙しいラブホテル(ラブホ)は、いかに早く部屋の清掃ができるかがキーポイントとなるようです。掃除は、一人ではなく、二人一組などチームで行うところだと、役割分担も大事になってきますね。逆に一人で清掃を行うところだと、「マイペースに掃除できるから楽」なんて口コミもあったので、バイトするラブホテル(ラブホ)によって差があります。ただ、接客が苦手な人にとっては、人と話さなくて精神的に楽なんて評判もあります。

さらに、ホテルなので夜勤も発生してきます。日中しかバイトできない場合などは、あらかじめ面接の際に伝えておいたほうが良いでしょう。 

 

きついのは慣れるまで

ラブホテル(ラブホ)には、色々なお客様がきます。よって、さまざまな人間関係が垣間見れるところです。いろんな人がいるんだなーと客観的に捉える事ができる人には、きついというより、むしろ面白さを見出すバイトですが、それができなければ、きついバイトになってしまいます。バイトで楽したければ、色々なお客様に遭遇しても、深く考えすぎない事が一番です。接客が少ない分、クレーム対応はあまりないようですよ。

ラブホテル(ラブホ)のバイトの時給や給料について

場所にもよりますが、平均1,000円前後というところです。もし、少しでも時給を稼ぎたいのであれば、夜の時間帯は深夜手当がでるので、夜のシフトに入る事をおすすめします。

探した限りでは、残念ながら「高校生OK」と謳っているラブホ(ラブホテル)の求人情報は見つけられませんでしたが、「学生OK」や「フリーター歓迎」などどしているところが多かったです。

また、バイトの身だしなみについては自由なラブホ(ラブホテル)が多く、「ネイルだけは絶対譲れない!」「髪色黒くなんてしたくない!」と考えている方におすすめなバイトです。

働いてる人達は、20代から40代の方達で女性が多いようです。日中はコンビニでバイトして、夕方からはラブホテル(ラブホ)、という掛け持ち方をしている人もいらっしゃるみたいです。

ラブホテル(ラブホ)のバイトの面接について

勇気を出して、いざ面接!という前に、悩みどころのラブホテル(ラブホ)の志望動機。なんて言ったら受かるのでしょうか。志望動機で「人見知り」な事を伝えてもいいのでしょうか。答えはそのままお話しすればOKです。バイトする事情はそれぞれありますよね。ただお金を稼ぎたい人も、稼ぎたい理由をお伝えしてみてはいかがでしょうか。

とはいっても、印象が悪ければ雇い主も雇いません。バイトの面接なので、スーツで!とは言いませんが、服装は、清楚な服装で印象良くしましょう。

まず、ラブホテル(ラブホ)バイト面接の際に聞かれる事はこんな感じです。

  1. 志望動機
  2. 今までのバイト経験
  3. 入れる曜日・時間帯のシフト希望

他のバイトの面接でも聞かれるような内容ですよね。平日の昼間は、比較的ラブホテル(ラブホ)も落ち着いているので、バイトで楽したい方は平日の昼間のシフトがおすすめです。ただ、店側としては、忙しくなる金曜の夜など、繁忙期も入れるようにしておけば、尚、面接に受かりやすい事でしょう。

ラブホテル(ラブホ)のバイトの評判・口コミ

気になるラブホテル(ラブホ)バイトの評判ですが、きつい評判で上がるのは、「部屋の掃除が大変」「清掃は、力仕事で、足腰の負担がきつい」などです。

また、良い評判はというと、「シフトの融通がきく」「いろんなお客様がくるので面白い」「働いている人達の人間関係は良好」などでした。

ラブホテル(ラブホ)バイトあるあるは「部屋のコップを使う時は、一度洗ってから使う」だそうです。もちろんちゃんと掃除してくれるところもありますが、拭くだけで済ませるホテルもある、なんていう口コミもありました。

ラブホテル(ラブホ)のバイトがおすすめな人

仕事を一人でもしっかりとできる、忙しい時はテキパキ動ける人におすすめです。あとは、お客様と接するのが苦手な人などもおすすめですね。中には、個性的なバイト仲間もいるかも知れませんが、どこのバイト先にもクセの強い人はいるはずです。人生経験と考えれば、お金も稼げる点でおすすめします。

まとめ

少しはラブホテル(ラブホ)のバイトの事を知っていただけたでしょうか。時給もそこそこで、働くメリットもあるラブホテル(ラブホ)のバイト。ちょっと体力に自信がないからフロントで受付するもよし、人と話すのがあまり得意ではないから、掃除(ルームメイク)を希望するもよし。志望動機では、ラブホテル(ラブホ)でバイトしたい事をアピールしましょう。バイトすれば、ラブホテル(ラブホ)バイトのあるあるをその目で確かめてみて下さい。

ネイルなどの身だしなみに寛容なので、オシャレ大好きさんにもおすすめのバイトです。お部屋を開けたら、ちょっとぴっくりするなんてサプライズもあるかも知れませんが、清掃の仕事もフロントの受付の仕事も、それぞれにメリットがあるのでおすすめです。

ラブホテル(ラブホ)のバイトを探すならバイトルがおすすめです。バイトルなら、応募したい求人の応募状況がメーターになっていて一目瞭然です。結構ラブホテル(ラブホ)のバイトって人気なんですね!

学生歓迎のアルバイトを探すなら!

短期・単発の日払いバイトから、学生に人気の塾講師や飲食系アルバイトまで、自分にあった働き方を探せます!

スポンサードリンク

 

-バイト雑談・知識

Copyright© 学生時代のバイト事情 , 2019 All Rights Reserved.