某ロリータブランドでアルバイトしてみた

当方、今でこそアラサー女子でございますが、これはまだうら若き22歳の頃のお話です。安心してください。

スポンサーリンク

ロリータブランドについて。前段。

そのブランドの店舗は、地方都市の街中にあるファッションビルの地下にありました。同じフロアには同じく大手のロリータブランドショップ(ライバルともいう)、ドールやフィギュアを扱うお店、それとブランドを限定しないロリータ系やパンク・ビジュアル系のお店が2店舗ありました。さながら小さな原宿。そんな格好が好きな人たちはこぞってそのフロアに集まっていたものでした。

私はそこで、友人が退職する代わりとして働き始めます。ご存じでしょうか、ロリータ服というのは相場で、ワンピースであれば1着26,000円ほど、ブラウスやお靴が13,000円、靴下さえも2,000円という世界です。セールでスカートが8,400円なんてのを見かけると、「え!?安い!!」と感じるほど、金銭感覚が狂います。

ロリータ服ブランドでのアルバイトの実態。

時給750円。びっくりするほど安かったです。勤務時間は早番が9:30~18:00、遅番が12:00~20:30。休憩1時間。基本的にお店が入っているビルに準じます。週5レギュラーで入るのが望ましかったようですが、無理言ってわたしは週4くらいで入れてもらっていました。見た目が若ければ年齢は問いません。35歳でも現役で働いている人もいます店員は3名程度。基本的に2人でお店を回しますが、土日やセール期間などはフルメンバー3人で回します。

通常の業務内容としては、接客、レジ業務、品出し、検品、ポップ作成、掃除、開店・閉店作業…基本的に普通のアパレルショップと変わりません。ロリータブランド独自のものといえば、月1回程度「お茶会」を開きます。ドレスコードは自社ブランド。みんなでコーディネートを見せ合ったり、優雅にお客さんたちとお茶を楽しみながらお話したりします。また、ブランドの新作を発表したり(店員がサンプル品を着て見せる)、季節ごとのイベントを行ったりもします。

ロリータ服は自分で用意するの?

こちら、気になるところだと思いますが、基本的に、最初のうちは借りることができます私は普段ロリータ服を愛用しているわけではなかったので、「徐々に揃えていこうね」という感じでした。1着1着が高額なので、全身揃えるとなるととうていお給料が足りません。ありがたいことに社割はありましたがとても足りません。また、基本的に全身自社ブランドでコーディネートしますが、小物やアクセサリー程度なら他のお店で購入したものでも怒られません。

ロリータブランドのまわりの話。

  • 店舗が小さいので掃除や棚卸が楽。
  • 人数が少ないので遅刻なんて絶対ご法度。オープンミスになる。
  • 常連客が多い。ので話し込むと長い。
  • ファンが付くとプレゼントがもらえたりする。
  • 9割女性客だが、男性客も来る(プレゼント目的・心が女の子の男性が自分で着る目的など)
  • ノルマや、売上ランキングなどがあるお店もある。
  • 太客や常連客は売上維持のため、顧客として取っておきたい気持ちがある。そうなるといくらスタッフと仲良くても、全身同ブランドで固めてても、スタッフにはしてもらえない場合がある。

ロリータブランドでのアルバイトまとめ。

そのブランドのことがほんとうに大好きな人ならば、間違いなくおすすめです!いち早く新作を見ることができるし、試着もできるし、毎日好きなお洋服に囲まれて過ごして、同じ趣味のお客様とお話して、それはそれは楽しいです。でも、いろんなブランドのお洋服が着たい方は、限定した1つのブランドのお店ではお仕事しない方が良いでしょう。だんだん窮屈に感じてきてしまいます。それと、スタッフは常にお客さんの憧れでなければならないので、毎日気合入れて盛ります!これが楽しめないと、億劫になってきます。注意すべき点はそれくらいです。

ロリータブランドに限らないかもしれませんが、アパレルのお仕事はすごくやりがいがあります。本当に経験して良かったなと思っています。このような限定的なブランドはいつでもスタッフを募集しているわけではないので、求人が出たその時がチャンス。勇気を振り絞って、逃さないようにしましょう!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク