超絶ブラック店長も!?高校生で初めてのファミレスバイトを体験

高校生初ファミレスバイト

女子高校時代から大学にかけて、初めてのアルバイトはファミリーレストランで働いていました。

私のファミレスバイトの内容は接客担当でした。最低賃金ギリギリであまり稼げる感じではありませんでしたが、平日は高校の授業が終わってから17時~19時で働くことが多く、そこまで帰りが遅い時間になることはなかったので、出勤日数が多くても続けられました。

スポンサーリンク

ファミレスバイトの時給とお得な情報

ファミレスバイトで得したこと
ファミレスのアルバイトを1年続けて時給が150円上がりました。

また、大型ショッピングセンターが経営しているファミレスで、そこの社員割引を自由に使うことができたので、友達とご飯を食べたり買い物をしたりするときに使えてお得でした。

忙しいときはとことんブラック状態!パワハラ店長にあたりきつい思いも

ファミレスのアルバイトでは昼間は主婦の方、平日夕方~夜や、土日は高校生や大学生が中心で働いていました。

全国チェーンのファミリーレストランで、店長や社員の人たちは異動があるので定期的に入れ替わるのですが、とても嫌な店長が在籍していた時期は大変でした。

誰かがミスをしたり、トロトロ動いている人がいたりすると機嫌が悪くなり、お客様にも聞こえるのではないかという大きな声で怒鳴られていました。

そのせいで長年勤めていたスタッフもどんどん辞めていきました。私はなんとか耐え、その時期もアルバイトを続けていたのですが、人が少なくなったせいで休みがもらえなくなり、大学の夏休み期間は、週6で開店から閉店まで、ずっと働いていました。

おかげでかなりお小遣いを貯められましたが・・・。

その店長が異動になり、新しい店長が来てからは、労働環境もとてもよくなり、人も増えたので、逆にあまり稼げなくなってしまいました。

ファミレスのアルバイトで結果よかった点は?

接客業の基本
接客業なので、お辞儀の仕方やお料理を出す際の動作、一つ一つの言葉遣いまで、厳しく指導してもらいました。

私にとっては初めてのアルバイトで、高校生から始めたので、最初は常識を知らなすぎると怒られることも多かったのですが、逆に自分にとってはとても勉強になったなと思っています。

レジ締めの業務などもあるので、お金の数え方や管理についてなど、お金の扱い方についても知ることができたのはよかったです。立ち仕事なので足のむくみとは闘うことになりますが、居酒屋のように騒がしくはないので、穏やかな時間の流れで働くことができて、自分にとっては合っていたなと思います。

私は高校3年生の終わりから大学3年生まで、ちょっと高めの和食居酒屋でアルバイトをしていました。 きっかけは高校時代の女友達が大学進学が...

ブラック店長に当たったこともあった高校生からのファミレスバイトまとめ

ファミレスバイトのまとめ
結局そこのファミリーレストランでのアルバイトは、2年ほど続けました。大変な時期もありましたが、大学での実習が始まり、物理的にアルバイトができなくなるまでは続けました。

もともとお客さん側で行ったことがないレストランだったので、最初はメニューを覚えるのも大変で、コピーを自宅に持ち帰らせてもらい、頭に叩き込みました。食器を割ったり、運んでいる途中に料理をこぼしたりと、失敗も多々ありましたが、半年も続ければ慣れ、要領よく仕事をこなせるようになりました。

土日は親子連れが多く、小さい子どももいると、子ども用の椅子を運んだり料理をこぼした後始末をしたりと大変でしたが、周りの友人から話を聞くと、居酒屋などで酔っ払いの相手をするよりは何倍も楽だったのではないかと思います。

平日の昼間は近所のおじいさん、おばあさんがよく来ており、顔や名前を覚えてくれる人も多く、コミュニケーションをとるのが楽しかったです。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク