隠れ家的な小料理屋でバイトしてみた。居酒屋バイトとの違いは?

小料理屋さんでの学生バイト体験談

学生の時に、大学の近くに小料理屋がオープンすると聞いてバイトを探していたので軽い気持ちで応募した経験があります。居酒屋と同じだろうと思っていたけど、ちょっと違う…小料理屋での面白い体験談をご紹介します!

スポンサーリンク

チェーン店でない!小料理屋は個人のお店がほとんど

居酒屋と小料理屋の違いもよくわからず応募した私ですが、お店に入った瞬間「あ、間違えたな…」と思いました。

店の中は基本間接照明で、おしゃれでちょっと高級感の漂うお店でした。こんなところに大学生の自分が面接を受けに来て大丈夫だろうかと心配になりましたが、「若くて元気なよく働いてくれそうな子」を募集していたと言われ無事に採用されました。

雰囲気的には合わないかと思いましたが、業務的には居酒屋と一緒。動き回って注文を取ったり、お料理を運んだりするのがメインの仕事です。体力のある人材が欲しかったということですね。

居酒屋のバイトに比べると小料理屋でのバイトの方が自分には向いている気もしましたし。

私は高校3年生の終わりから大学3年生まで、ちょっと高めの和食居酒屋でアルバイトをしていました。 きっかけは高校時代の女友達が大学進学が...

小料理屋バイトの時給はどれくらい?まかないはあるの?

小料理屋バイトはまかない付き!

時給はちょっと高めで1,000円でした。オープニングスタッフで、3人しか採用されず不安に思っていましたが、大きなお店でもないので3人でシフトを回していく感じです。日曜日が定休だったので、自分たちも休めてとても働きやすい職場でした。

飲食店では珍しいと思いますが、お盆や年末年始もお休みでした。お盆や年末年始は実家で過ごしたいという店主さんの考えで、そうなっていたようです。小さいお店ならではですね。

また、毎回きちんとまかないが準備されていてそれがとてもおいしくて、どれだけ働いてもまかないを楽しみに笑顔で仕事することが出来ました。

ただ、無料ではなく…1食200円、お給料から引かれていました。それでも美味しかったので、大満足です!

小料理屋バイトの仕事内容は?大変?研修などはあるの?

オープニングスタッフとして入ったので、他のスタッフさんとマネージャーさんと3日間の研修を行いました。

プレオープンのイベントも行ったり、しっかり準備して開店をむかえたという印象です。最初からものすごく忙しかったわけではないので、徐々に仕事を覚えていけて、とても良い職場でした。

料理の名前や、作り方の説明など、毎日営業前に板前さんからレクチャーを受けて、必要であればメモに書いてお客様に伝えられるようにしていました。お酒も作らなければならなかったので、種類や飲み方、グラスの種類なども勉強しました。ちょうど20歳を過ぎたころだったので面白かったです。

小料理屋のアルバイトトラブルはどんなものがあるの?

慣れてくると、シフトに偏りが出てきました。時間に融通の利くスタッフが中心的に入る事になり、そうでないスタッフは必然的に出番が少なくなります。当然ではありますが、よくシフトの調整でトラブルになっていました。

働きたい学生と、時間に融通の利くフリーターの間で揉め事が起きたりすることもあったようです。マネージャーの方が調整してくれていましたが、折り合いが合わない場合はスタッフが辞めていったりと、人の出入りも結構多かったように思います。

学生の小料理屋バイト まとめ

大学生の小料理屋バイトまとめ

料理の種類や、お酒の種類、またお客様へのもてなし方などをしっかり学べました。

チェーン店ではなく、個人の経営する小料理屋のバイトだからこそ出来るきめ細かいサービスだったのだと思います。

飲食に関わる仕事がしたい、幅広く知識をつけることが好きだという方には向いている仕事だと思います。

ただ、体力を使うし、週末は忙しい仕事なので、耐えられないという方にはお勧めしません。

お酒が弱いという方も…あまりお勧めはしません(試飲をしたりお客様に付き合って飲むこともあったため)まかない付きの仕事を探している方にはうってつけのお仕事です!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク