高校生・大学生のつらたんバイト体験談を語るよ!

学生時代のバイト事情

IT・WEB系のバイト

【大学生向け!】広告代理店のアルバイトの仕事内容とは

更新日:

「就活を見据えて広告代理店でアルバイトしようかな」と考えている大学生は多いです。 そこで、広告代理店でアルバイトしたいけど自分に合うか不安…そもそも広告代理店の仕事内容って何だろう?と考えている大学生の不安を少しでも減らせるように、広告代理店の種類と職種から、仕事内容についてまとめました。

そもそも広告代理店とは?

「広告代理店」がどのような仕事をしているのか、知っている大学生は少数だと思います。
はじめに、広告代理店とはどのような仕事を行っているのか説明します。 広告代理店とは、広告を出したいと依頼する企業(クライアント)のマーケティングを代理で行う企業のことです。クライアントが抱えている課題を解決するために広告を提案・作成し、クライアントの商品やサービスの売り上げを伸ばすサポートをします。また、広告を依頼したい企業と、広告を掲載したい企業を繋ぐ役割も担っています。

広告代理店は3種類に分けられる

一言に広告代理店と言っても、広告代理店には「総合広告代理店」「専門広告代理店」「ハウスエージェンシー」の3種類あるのです。 ひとつずつ見ていきましょう。

・総合広告代理店とは、新聞や雑誌、テレビやラジオなど様々な種類の広告媒体を扱っている。

・専門広告代理店とは、交通・インターネット・新聞・雑誌など専門分野の広告媒体のみを扱っている。

・ハウスエージェンシーとは、主に親会社の広告業務を独占して扱っている。

広告代理店の職種ごとの仕事内容と必要知識

広告代理店の職種は大きく分けて3つです。

広告を出したい企業(クライアント)と契約を結ぶ「営業職

営業の方が契約を結んだクライアントの課題を解決するために戦略を考え、売り上げを伸ばすサポートをする「マーケティング職

マーケティングの方が考えた戦略に沿って、クライアントの商品やサービスを宣伝する広告に用いるデザインや文章を考える「クリエイティブ職

広告代理店で働くにあたり、営業職・マーケティング職・クリエイティブ職と職種によって仕事内容や必要な知識が異なるため、イメージを膨らませやすいよう下記で詳しく見ていこうと思います!

広告代理店の営業職の仕事内容と必要知識

まずは、営業職の仕事内容から。
広告代理店の営業職は広告を出したい企業(クライアント)と契約を結びます。また、契約を結んだクライアントとの窓口の役割を担います。
もう少し詳しく説明すると、広告を出したいと考えている企業の商品やサービスについての説明や課題を聞き、その課題を解決するための広告案をクライアントに提案し、契約を結びます。クライアントはいくつかの広告代理店の広告案を受け、その中から契約する企業を決める場合が多く、営業には契約をとるために様々なスキルが必要となってきます。 そのため、営業職の方は広告業界の知識はもちろん、その他にもビジネススキル、コミュニケーションスキル、プレゼンスキル、そして誠実性が必要だと言われています。

広告代理店のマーケティング職の仕事内容と必要知識

次にマーケティング職の仕事内容について。
広告代理店のマーケティング職は、営業の方からクライアントの課題を聞き、情報収集・調査・データ分析を行った上でクライアントの課題や要望を解決するための戦略を考えます。クライアントと契約を結ぶために重要な広告案の戦略を考えるという役割を担います。 そのため、マーケティングの知識やデータの分析スキル、戦略を考える思考力やアウトプットスキルが必要だと言われています。

広告代理店のクリエイティブ職の仕事内容と必要知識

最後にクリエイティブ職の仕事内容について。
広告代理店のクリエイティブ職は、マーケティング職の方々が考えた戦略をもとにクライアントの商品やサービスの広告を作成していきます。戦略に沿って広告のデザインやキャッチコピーを考え、よりクライアントの商品やサービスの売り上げがアップするような広告を作成する必要があります。 そこで、クリエイティブ職にはデザインの専門知識が必要だと言われていて、実際に働いている人も美大出身の方が多いです。

大学生が広告代理店でアルバイトするメリットと身につくスキル

ここまで広告代理店の種類や職種ごとの仕事内容について説明してきました。 ここからは大学生が広告代理店でアルバイトするメリットと、身につくスキルはどのようなものがあるのか、それぞれ見ていきたいと思います。

大学生が広告代理店でアルバイトするメリット

大学生が広告代理店でアルバイトするメリットはいくつか挙げられます。

  • 広告業界の知識を得られる
  • ビジネスマナーが身につく
  • 営業力が身につく
  • マーケティングの知識を得られる
  • 人脈ができる
  • 社員並みの仕事を任せてもらえる
  • 広告業界の最新の情報を得られる
  • 大学生のうちから貴重な体験ができる

広告業界やマーケティングの知識が得られたり、人脈ができたり、と広告代理店でのアルバイトならではのようなメリットがたくさんありますね!

大学生が広告代理店でアルバイトすることで身につくスキル

次に、大学生が広告代理店でアルバイトすることで身につくスキルは下記が挙げられます。

  • コミュニケーションスキル
  • プレゼンスキル
  • マーケティングスキル
  • データ分析スキル
  • 思考力
  • アウトプットスキル
  • トレンド察知能力
  • 臨機応変に対応する力
  • 職種によって身につくスキルは異なりますが、社会人になってからも必要とされるビジネススキルが一通り身につきますね!

    大学生が広告代理店でアルバイトする難しさ

    広告代理店でアルバイトをすることで、メリットと身につくスキルがたくさんある分、下記のような難しさがあると考えられます。

  • 日々の勉強が必要
  • 個人の責任が大きい
  • 人によってはプレッシャーが大きい
  • 残業がある
  • 積極性が必要
  • やはり、積極的に広告代理店で働きたいと思っていないと広告代理店でアルバイトするのは難しさを感じるかもしれませんね。

    【まとめ】大学生向け!広告代理店のアルバイトの仕事内容とは

    広告代理店の種類と職種から、広告代理店で働くメリットと身につくスキルを見てきましたが、いかがだったでしょうか? 改めて簡潔にまとめました。

    〇広告代理店とは、クライアントのマーケティングを代理で行う企業のこと。
    〇広告代理店には「総合広告代理店」「専門広告代理店」「ハウスエージェンシー」の3種類ある。
    〇広告代理店の職種は「営業職」「マーケティング職」「クリエイティブ職」に分けられる。
    〇営業職はクライアントと契約を結び、窓口の役割を担う。コミュニケーションスキルが必要。
    〇マーケティング職は、クライアントの課題解決のために広告案の戦略を考える。データ分析スキルが必要。
    〇クリエイティブ職は、マーケティングの方が考えた戦略に沿ってデザインやキャッチコピーを考え広告を完成させる。
    〇大学生が広告代理店でアルバイトをすると、貴重な体験ができるメリットがある。
    〇大学生が広告代理店でアルバイトをすると、ビジネススキルが身につく。
    〇大学生が広告代理店でアルバイトをする際は積極性が必要。

    就活を見据えた多くの大学生が広告代理店でアルバイトをするため、想像以上に大変そうな仕事内容だと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、大変だからこそ学べる事も多くあります。何より、広告代理店で働くメリットとスキルが多くあることが魅力的です。 実際に振られる仕事内容は働く企業や職種によって異なりますが、広告代理店でアルバイトをしたいと思っている大学生の皆さんの参考に少しでもなれば幸いです。
    皆さんが素敵なアルバイト先に出会えますように。

     

    1

    無事就職が決まり、一安心な就活後。大学4年は学生生活の締めくくりですが スーツや交通費などで出費が多かった…… 就活中はバイトする余裕がなく、就活後の面接はなかなか受からない……。 大学4年の就活後や ...

    ティーチングアシスタントのアルバイト 2

    みなさんは「就職活動」や「就職」ということに関してどれくらいの意識を持っているでしょうか?? 学生だからいいや、その時になったら考える、という人もいるかもしれません。ですが、大学生活は思いの外あっとい ...

    3

    寒い季節は何とは無しにもの寂しい気分になりますね。そんな時、誰か大切な人が側にいてくれたら・・・ はい、今回はそんな恋愛・出会いを求める大学生 男性・女性たちにおすすめなバイト、その名も「恋人ができる ...

    -IT・WEB系のバイト

    Copyright© 学生時代のバイト事情 , 2021 All Rights Reserved.