税理士事務所で短期アルバイト体験談

スポンサーリンク

将来就職を希望する税理士事務での短期アルバイト

税理士事務所で短期アルバイトをしたことがあります。もともと経理事務での就職を希望していたので、できればアルバイトで一度働いてみたいなと思っていました。税理士事務所はインターンシップでも人気の業種だったので、絶対選考で落ちたくなかったし、確実に就職活動する際の実績になるようにアルバイトの求人を探していました。ちょうど見つかって無事選考に合格したと連絡が来たときは本当に嬉しかったです。就職活動に直接メリットがありそうなアルバイトをする機会を大学時代に得ることができたのはラッキーだったと思います。

税理士事務所で働きたい 狙い目の時期は?

税理士事務所では、確定申告が始まる前の12月あたりから2月いっぱいが一般的に繁忙期だと聞きました。なので繁忙期に備えて求人を出すところが多いそうです。もちろん通年で欠員がでたので求人を出すところがほとんどですが、短期なら12月から2月が狙い目の時期ですね。私がアルバイトしたところで働いていた40代くらいの女性も短期のアルバイトがきっかけで就職できたということでした。

税理士事務所のアルバイト その仕事内容は?

私が担当した仕事内容は、レシートや納品書や請求書のいわゆる伝票入力でした。単純な伝票入力の仕事でしたが、将来働くなら事務職、それも経理業務、できれば会計事務所や税理士事務所で働いてみたいと憧れていたので、短期でも雰囲気など知ることができて得るものが多かったと思います。アルバイトしていた期間の最初と最後のあたりで、確定申告についてや税制度についての勉強会があり、私も参加させていただきました。週に3~4回、予定の合う時間帯で1回2時間が最低限度の勤務時間でした。入れるときは1回4時間くらい入っていました。

キャリアのステップアップも 侮れない税理士事務所の短期アルバイト

先にもご紹介した、私が短期アルバイトをした税理士事務所にいた40代くらいの女性が良くある例で、未経験や経理業務をしたことがない人が今後税理士事務所で勤務したいと考えたときに、繁忙期に出る短期アルバイトはキャリアアップを考えている方にも侮れない職歴になります。私はインターンシップの代わりに希望しましたが、税理士事務所のアルバイトは就職活動をする際にアピールポイントになりました。将来を考えたときに、いつかは結婚もしたいし子供も欲しい。育児が手から離れたときに働きやすいキャリアのステップアップになるデスクワークは少ないです。私のようにキャリアのステップアップを考える女性は少なくありません。どんな小さなチャンスでも強みにしないとですね!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク