【ホントに辛いだけ?】コールセンターのバイトでお礼の電話をもらった話

コールセンターのバイト

バイトを探していると、よく目にするのがコールセンターの仕事です。
時給も安定していて、快適なオフィスワークとして有名ですが、きついという噂も時折耳にします。
今回は、私が昔やっていた某レッカー社のコールセンターでのアルバイトのお話を中心に、仕事内容から評判、何が大変なのかなどをみていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもコールセンターの仕事ってどんなもの?

コールセンターのバイトといっても、電話を受けるのがメインの仕事と、電話をかけるのがメインの仕事があるのです。一般的に、電話を受けるのを「インバウンド」、電話をかけるのを「アウトバウンド」と呼んでいます。
インバウンドには、テレオペ(テレフォンオペレーター)と呼ばれる受信業務があります。お客様の問い合わせに電話を受けて対応するのがこれにあたります。
例えば、お客様から「商品を買いたい」や「パソコンの操作が分からない」といった問い合わせが来たときに、商品の受注やお届け日の案内をしたり、パソコンの操作方法を1から教えたりするのが仕事です。特に操作を教える際にはお客様に迷惑をかけないよう、手順をきちんと自分自身が把握している必要があります。
一方の、アウトバウンドですが、テレアポ(テレフォンアポインター)と呼ばれる発信業務があります。こちらから電話をかけて商品販売をしたりするのがこれです。
仕事の内容としては、お客様リストを渡され、リストの片っ端から電話をかけて、商品やサービスを購入してくれるように勧めることです。
イン・アウトバウンドという受発信業務もあります。これはテレマ(テレフォンマーケター)と呼ばれ、電話を掛けたり、お客様から電話を受けて対応したりします。つまりこちらから商品を買ってもらえるように勧めるケースもあれば、お客様から商品についての問い合わせの電話を受けることもある、ということですね。

ちなみに、私が昔やっていたのは受ける方でした。
その中でもレッカーサービスのコールセンター担当だった時のバイト体験をご紹介したいと思います。

コールセンターのバイトは辛い?ストレスがすごい?

コールセンターのアルバイトはつらい
もしかしたら、噂やインターネットで「コールセンターはストレスが溜まる」なんて話を聴いたことがあるのではないでしょうか。私は正直なところ「人それぞれ」だと思います。「苦情窓口」のイメージが広がってストレスが…という話になっているのかもしれません。でも、コールセンターの仕事ってそれだけではないのです。

私が働いていた、レッカーサービスの窓口は、車を運転していて事故やトラブルがあって運転が続けられなくなったときに、助けを呼ぶ電話です。日本中からの電話を受けるとなると、その量はとても多いです。きつい、辛い、というよりは忙しい、という感じですね。

解決するまでには、お客様との電話を数回、助けに向かってくれる会社さんとも数回連絡をとりますし、運んだ後の到着確認や、お金の精算でも連絡を取り続けます。

件数の多さだけでなく、ひとりひとりと連絡をとる回数の多さから常に忙しい状態です。そこにストレスを感じる先輩も確かに居たと思います。

また、車のトラブルの場合、急いでいる状況だったり慌ててしまったり、言葉が荒くなってしまう人も大勢います。

最初の数分で相手の気持ちを考えて、言葉遣いを変えたり話すスピードを変えたりします。はっきり言って、なんでアルバイトでこんなに大変な思いをしてるいるのかと思ったこともあります(笑)もっと楽なアルバイトもあるばずなのにって何回も思いました。

研修で習ったことが上手く出来なくて、お客様に怒られることも最初はたくさんありました。

保険やクレジットカードに関係する窓口だと、大きなお金の話になりますから、お客様も細かく聞いて来たりと、ピリピリすることが多く、それにストレスを感じる人も多いようです。短期で辞めてしまう人もちらほら…。

そのほかのコールセンター・テレアポバイト体験談

テレアポの学生バイトは体験した事がありますか?私は、テレフォンアポインターという一見短時間で高額な時給が得られるバイトで、このバイトのきつさ...

コールセンターのアルバイト、時給やシフトは?

給料袋
私の当時の時給は900円くらいだったと思います。地方の会社としてはコンビニとかでアルバイトするよりも高かったのですが、仕事内容からすると、もっと欲しいという人もいました。

でも何より、人が多い職場なのでシフトについてはけっこう融通が利きます。これは多くの人にとって大きなメリットなのではないでしょうか。

私は当時フリーターだったので、曜日は気にしませんでしたが、土日は休みたいという主婦の方々もたくさん働いていました。しかし、土日は車のトラブルも増えるので、人手がいります。ですから、曜日に関係なく働ける人は大事にされました。年齢もバラバラで、私のところは20代から60代まで幅広い年齢層がいました。

また、どうしても稼ぎたい時には、夜勤のシフトに入れてもらって、稼ぐことも出来ました。24時間で対応している所だと、夜勤でがっつり、という人も多いのですよ。

コールセンターでのアルバイトまとめ

ストレスの話を私もしてしまいましたが、お客様との電話でいつも緊張感をもっている分、スタッフ同士はとても仲が良いです。そこでピリピリすると皆が疲れてしまいますからね。

研修も丁寧にやってもらったし、土日休みや夜勤など、自分の希望をちゃんと伝えられる雰囲気と、出来るだけ希望に沿った働き方をさせてもらえる所がコールセンターには多いと思います。年齢も早いうちから始められるし、長く働いたり、結婚してからも働けると思います。また、服装も自由ですし、オフィスでの業務は空調も完備されていて快適です。色々な年代の様々な人たちと、電話を通じてではありますが、初見でお話できる機会は滅多にありません。言葉遣いも身につくし、仕事を進める上で不可欠な電話慣れもします。

他のお仕事と比べるものではないと思いますが、お客様からの「ありがとう」がすごく心に響いたことが今でも印象にあります。人の為に働きたい、人の役にたちたいと思っている人にはオススメのアルバイトです。ちょっと我慢強くなれますしね(笑)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク