高校生・大学生のつらたんバイト体験談を赤裸々に語るよ今日は!

学生時代のバイト事情

短期バイト

【営業アシスタントでビジネスを学ぶ】営業事務アルバイト体験談

更新日:

スポンサードリンク

 

みなさんこんにちは。世の中にはたくさんの触手がありますが、「営業」と聞いて皆さんは何をイメージするでしょうか?
初見のお店に飛び込みで営業をかけに行く姿?
それとも取引先との打ち合わせの様子??

いずれにしても、ロジカルで常にクールな思考と大きなパワーが求められる仕事です。

そんな彼らの激務を助ける仕事が、「営業アシスタント(営業事務)」と呼ばれる仕事。一見すると難しそうで、敷居の高いイメージのある営業アシスタント(営業事務)ですが、実はアルバイトとして募集している企業もあります。誰もがいずれ経験する来たる就職活動にも役立つ業務内容が多く、学生の皆さんにも若いうちに是非チャレンジしてほしいアルバイトのひとつです。今回の記事では、皆さんと一緒に営業アシスタント(営業事務)の仕事について学んでいきたいと思います。

アシスタント業務は苦手でも事務作業なら任せろという方はこちら!!
→→→外回りはナシ!営業事務のお仕事探しはこちらから

営業事務・営業アシスタントの仕事内容ってどんなことをするの?

営業事務(営業アシスタント)の主な仕事は、読んで字のごとく、営業にかかわる専門的な事務業務を行うことです。具体的には商品の受発注、資料作成、伝票や請求書発行、お客様との電話・メール応対などがあります。お客様の電話に出たり、応接にお通しすることで、丁寧な受け応えなど、ビジネス現場において必須といえるマナーを身に付けられます。

更に、見積書、発注書、請求書など、営業に関わる一連の書類を扱うので、ビジネスの流れも実感として学ぶことができるでしょう。多くの企業でも未経験者を採用している事が多く、未経験者でもなりやすい職種と言えます。しかし、資料作成やデータ集計業務を行うことが多いため、バイトやパートであっても、Excel(エクセル)関数やグラフ作成が行える程度のパソコンのスキルを身につけておくことが必要です。タイピングに強いのはもちろんです。

他にもWord(ワード)や、部署によってはPowerPointU(パワーポイント)など、MicroSoftOfficeのソフトは日常的に使います。近い将来、会社勤め(独立する場合も)するなら、これらのスキルは身につけておいて得はあっても損がないです。日々の業務で頑張って使用していれば、パソコンのスキルも自然と身につきます。

どの会社にも通用する様々なビジネススキルが身に付けられるという点でも、魅力的なバイトですね。また、いくらパソコンのスキルがあっても正確に資料を作成できなければ意味がありませんから、細かい作業でもコツコツと丁寧に取り組める人が重宝されます。場合によっては、海外の支店やお客様とやり取りすることもあるため、語学力に自信のある人は積極的にアピールしましょう。

商品知識が必要となる場合も多く、お客様の社名、社内の連絡先を知っていると仕事を早く確実に進められるので、長期勤務を希望する会社が多いのもメリット。長い時間をかけてじっくりとスキルを磨くことができます。人をサポートしたり、コツコツとした作業が苦にならない人にはうってつけです。

ミニコラム 筆者の営業事務アルバイト体験談

小中高の生徒向け家庭教師の事務所で営業事務のアルバイトをしていました。基本的には講師として働いていましたが、どうしても空き時間ができてしまうため、空いた時間で他の作業をすることも多かったのです。講師の予定管理表を作成したり、テキストや問題集などの教材の在庫を数えたり、親御さんからの予定変更の電話に対応したり、現在申込んでいるご家庭に電話がけをし、教材や授業の追加を提案したりもしていました。

21時まで営業している職場で、社員が午後出勤であったため、時間に融通の利く大学生アルバイトはアシスタントとして引っ張りだこだったのです。

いろいろな仕事があった中でも、新規顧客の開拓のために電話がけをすることがあり、これが面白かったです。なかなかヒットしないのですが、50件ほどかけていると稀に話を聞いてくれる家が出てきて、そこに営業アポを取れると社員からとても喜んでもらえました。社員の方も地味な電話がけは敬遠したくなる業務の一つだということでしたが、私は楽しんでかけていました。

アポを取ったあとは社員が直接出向きます。飲み会の時に結果をいろいろと話してくれるので、それもアルバイトをしている楽しみの一つでした。家庭教師と聞くと裕福な家という印象でしたが、そこまで余裕がなくても必要性があれば教育費をかけている家庭が多いのが意外でした。

営業のアシスタントをしていると、そのビジネスの流れが見えるのが醍醐味ですね。特に学生にとってはなかなか触れる機会のない世界でもありますから、とても勉強になります。

営業事務と営業アシスタントの違いとは?

営業事務の仕事内容は、上記でご紹介した仕事内容の通り、基本的には室内でのオフィスワークが中心です。基本的に社内での業務がメインとなりますので、電話対応や書類作成、資料作成を中心に行います。お客様と電話やメールのやり取りはしても、直接会う機会は少ないでしょう。一方の営業アシスタントですが、事務作業に加えて、アポ取りなどの直接的な営業活動をする役割があります。

会社によっては、アポ取りまでは営業アシスタントの仕事内容とし、対面営業を営業マンが行うと分けているところもありますが、同行してサポートしなければならない場合もあるのです。営業マンと一緒に同行し、打ち合わせの議事録をとることもあります。

さらに、アポが重なったり、どうしても営業マンがそのお客様のもとに出向けない時には、営業マンのかわりに営業アシスタント単独で出向くこともあります。営業の仕事内容も把握していなければ務まらないのが、営業アシスタントの仕事といえます。事務系の仕事も、営業マンが行っている仕事の把握もしなければいけないので、営業アシスタントの仕事内容はかなりボリュームがあります。

営業アシスタント・営業事務で働くメリット

営業事務では、営業担当者から求められた資料の作成を行おこなう機会が多いため、Word(ワード)やExcel(エクセル)、Powerpoint(パワーポイント)などパソコンを使った資料作成能力が向上します。また、作成した資料を説明することで、プレゼンテーション能力も訓練できます。

さらに、顧客からの問い合わせや要望に対応することで、ビジネスマナーやコミュニケーション能力も磨かれます。顧客の都合や商品の受注状況などによって、こなさなくてはならない業務量が変化するため、優先順位を決めて的確に業務を処理する能力やスケジュール管理能力も高まるでしょう。

会社で取り扱っている商品についての知識や、業界全体の動向も知ることができます。従事する仕事の内容がハードな分、鍛えられる能力も多く、やる気のある人にとってはメリットの多い営業アシスタント(営業事務)のアルバイトです。求められた資料や作業を短時間で的確におこなうスキルが求められます。

資格としては、MOS試験で認定を取得すれば、資料を作成する際に役立ちます。また、秘書検定を取得しておくと、営業担当者への適切なサポートのしかたが分かりますし、ビジネスマナーや接遇などの知識も得られます。さらに、簿記3級以上の資格があれば、伝票の集計や管理もスムーズになるでしょう。

営業事務に向いている人としては、社内外の人と幅広くコミュニケーションをとることができ、気配りのできる人があげられます。その場の状況に応じて優先順位を判断し、臨機応変な対応ができれば、営業チームに欠かせない戦力になります。営業事務の仕事内容は幅広いため、さまざまな可能性を秘めています。本人のやる気次第では、より専門性の高い仕事にステップアップも夢ではありません。興味のある方は積極的に挑戦してみてはいかがでしょうか。

【営業アシスタントでビジネスを学ぶ】営業事務アルバイト体験談 まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事を見た人が少しでも営業事務(営業アシスタント)の仕事に興味を持ってくれたら幸いです。なかなかハードなお仕事にはなりますが、営業担当と円滑にコミュニケーションをとれる力や、刻々と変わる現場の状況に合わせて臨機応変に対応できる応用力などが身につくなど、メリットもたくさんあるアルバイトです。

アルバイトではあっても、より現場に近いところでお客様に役立つ働きができるのも魅力ですね。営業事務(営業アシスタント)の仕事内で、専門的な資格や知識を求められることはあまりありません。基本的には、WordやExcelを使うことができれば問題ないことが多いです。そのため、未経験者でも歓迎している求人も多く、様々な業界で募集があります。興味がある人は是非調べてみてくださいね。可愛い子には苦労をさせよ。若いうちの苦労は後々役に立つことも多いですよ。

実際にお仕事を探したい!!営業事務・営業アシスタントの仕事を探すならここ
→→→営業アシスタント(営業事務)のお仕事をお探しの方はこちら

学生歓迎のアルバイトを探すなら!

短期・単発の日払いバイトから、学生に人気の塾講師や飲食系アルバイトまで、バイトルの求人なら自分にあった働き方を探せます!

スポンサードリンク

 

-短期バイト

Copyright© 学生時代のバイト事情 , 2018 All Rights Reserved.