試飲試食販売のアルバイトのことをマネキンバイトっていうの知ってた?

こんにちは!私が体験した学生時代のバイトは「マネキンバイト」でした。

マネキンバイトといっても、アパレルショップにあるような服を着たマネキンの真似をするバイトではありません(笑)。試飲試食販売の学生バイトです。

スポンサーリンク

試飲試食販売の学生向けアルバイトとは

街頭や店先、もしくはイベント会場でおすすめする商品やサービスを試飲や試食してもらってお客様に購入してもらう仕事です。商品のサンプルを配ることもあります。よくあるのは、スーパーなどの食品売り場であるドリンクや食品の試飲試食です。

その他にもクレジットカードの入会勧誘、携帯電話の販売のアルバイト求人が多いです。試飲や試食は直接お客様に美味しさを実感してもらえ、商品1個当たりの単価も手頃なものが多いので初めてする人にはやりやすいと思います。

→ はたらこねっとから求人検索

別名マネキンバイトと呼ばれています

試飲や試食、商品のデモンストレーションをして商品を宣伝して販売する人のことをマネキンと言うそうです。なので試飲試食販売等のアルバイトは別名マネキンバイトと呼ばれます。マネキンというと衣類を着せて飾る人の形をした人形のことを思い浮かべますよね。そのマネキンがもとになっています。マネキンバイトってなんだろうと思う人も少なくないと思います。マネキンバイトの求人は、あやしい仕事内容ではないのでご安心ください。

マネキンをご存じない方も多いので、デモンストレーター・販売促進員・試飲試食スタッフなど様々な呼び方で表現されます。どれも商品を宣伝して販売する人のことを言っているんだなとわかりやすい呼び方をされています。

マネキンバイトのメリット・デメリットとは

メリットのひとつは、1日単位の単発でアルバイトができることです。もちろん3~4時間など短い時間でも可能なものもあります。学生や主婦の方など時間に制限のある方に人気です。多いのが日給の求人で、すぐに給料がもらえるものがほとんどです。すぐに給料が欲しい人にはメリットが大きいですよね。派遣だと会社既定の支払日になることが多いです。どちらにしても時給(日給)が高いのはメリットですよね。

デメリットは、立ちっぱなしの仕事だということです。あとはあまり試飲試食がでないと暇になり立っているのが辛くなりがちです。明るく声を出すと受け取ってくれる人が多くなるので是非試してみてください。立ちっぱなしの仕事なので時給(日給)が高いんですよね。

私が実際に体験したマネキンバイトは?

私が実際に体験したマネキンバイトは紅茶専門店の年に1回ある試飲会イベントでした。招待された会員の方のほか、一般の方も会場に来場し毎年にぎわってる試飲のイベントでした。紅茶の試飲なので、お湯が切れないよう準備したり、試飲と一緒に食べていただくお菓子類の準備、紙カップやスプーンの消耗品の補充、お茶をいれるデモンストレーション、お客様の接客などでした。

紅茶専門店でしたが、中国茶の商品もあってお客様に人気がありました。美味しいお茶をいれるまで待つ時間が長いものもあり、その時はお客様とお話をして間をつないだりしていました。

イベントでは制服が用意されていて、自分で準備するのは清潔感のあるメイクと髪型。控室もあったんですが、当日バタバタしないように事前に髪型は整えて行っていました。髪型は基本まとめ髪にして前髪が落ちで来ないように固めていれば問題なかったです。特に社員さんに注意されることもなかったです。

アルバイトは女性大学生が多かったですね。主婦っぽい人も全体の3割位いました。試飲の数や商品を販売するノルマは私たちアルバイトにはありませんでした。ただ、お客様に特にお勧めしてほしい商品はあって積極的に試飲をお勧めするように最初に指導がありました。

マネキンバイトのメリット、デメリットはいくつかあると思います。私は紅茶が好きだったので、イベントの最終日に残った茶葉を貰えたのが嬉しかったですね。好きな紅茶に囲まれて働けて楽しかったです。

→ はたらこねっとから求人検索

シェアする

フォローする

スポンサーリンク