高校生・大学生のつらたんバイト体験談を赤裸々に語るよ今日は!

学生時代のバイト事情

短期バイト

催事場!乾物屋さんでの短期アルバイト

更新日:

スポンサードリンク

 

夏休みに短期アルバイトといえば!?

 

夏休みに短期でアルバイトをしたいなと思う学生さんは多いと思います。そんな時におススメするのが催事場でのアルバイト。デパートやスーパーで北海道フェアとか九州フェアとか物産展とか定期的にやっていますが夏休み中にも開催しているところが多いですよね。そういうところは短くて1日、長くて2週間くらいの売り子さんのアルバイトがおすすめです。仕事も販売だから難しくないので初めての方でも安心です。

 

 

催事場での短期アルバイトってどんなことをするの?

 

私が体験したのは乾物屋さん。スーパーの食費売り場のわきで小さな小屋?テントみたいのを立てて量り売り形式で販売。

難しいことは全くなく、平日はむしろ暇。時間があるときは袋に100g、200gという感じで詰め物をして過ごします。

お客さんは年配の人が多いから、話をする事が嫌じゃなければ色々話をしながら商品を進めたりします。

 

初日は設置や搬入があるからちょっと大変です。小屋の設置は業者の人がしてくれますが、商品を搬入したり並べたりするのは自分で行います。

レイアウトのマニュアルはあるのでそのまま順番に並べます。

 

一番気を付けないといけないのはおつりの確認です。通常は用意してくれていますがお客さんが立て込むと一気におつりがなくなることがあります。

近くに両替をしてくれる、出来るところをなんとなくチェックしておいた方がいいですね。

(緊急の時は意外とゲームセンターに助けられました。本当はダメだと思いますが…。)

 

銀行での両替は最近キャッシュカードが無いと出来ないことが多いので要注意ですね。

 

最後の日はまた同じように撤収作業があるのでちょっと大変です。それでも乾物屋さんはそんなに重さもないのですごく大変!っていう印象はなかったです。台車も使えるのでゴロゴロと車まで押していくだけです。

 

 

催事場での短期アルバイトにノルマはあった?

 

私がアルバイトしたところにはノルマは全くありませんでした。いくら売れた?って感じで毎日聞かれましたが、だからと言って別に何も言われることはありませんでした。よく売れた日は「へ―よく売れたねー」と言われ、売れなかった日は「まあ平日だからこんなもんだよね」とだけ言われていました。(2週間だったので)

 

閉店近くなると社長?がやってきて今日の売上の集計の袋を渡します。最後は社長がやっていたので社長が来たら交代で帰るって感じでいろんな意味でアバウトでした。

 

催事場での短期アルバイトは出会いはあるの?

 

私がアルバイトしていたのは大型スーパーだったので交代で休憩にはいります。裏に社員食堂みたいなところがあってそこで各々ご飯を食べるって感じでした。

外食すると時間が足りなくなるので私はもっぱら社員食堂派。おにぎりとか適当に買ってスマホいじりながら休憩。

 

他のお店の人もアルバイトの休憩の時間はみんな似たり寄ったりになるので(一番暇な時間をあてがわれる)顔合わせる人も同じ。

1週間もすると何となく顔なじみになるので、同じような短期アルバイトの人と仲良くなって、一緒にご飯を食べたりしていました。

 

最後あたりは連絡の交換なんかもしましたがドラマのような展開は特になし。

 

催事場での短期アルバイト気になる給料は?

 

給料は日給制 1日7000円×14日間=980000円 交通費無し

勤務時間は正直バラバラで10時開店だったから9時40分くらいには現場について準備を始める。でも開店同時にお客さんはほとんど来ないからそんなにあわただしくもない。

 

自分の勤務時間はその日によってばらばら。社長が来たら帰るって感じだったので6時間の時もあれば8時間の日も。結構アバウトな感じでした。

 

給料は終わって日に現金で手渡し。私的には仕事も楽だし、ノルマもないしおいしい仕事です。

 

学生歓迎のアルバイトを探すなら!

短期・単発の日払いバイトから、学生に人気の塾講師や飲食系アルバイトまで、バイトルの求人なら自分にあった働き方を探せます!

スポンサードリンク

 

-短期バイト

Copyright© 学生時代のバイト事情 , 2018 All Rights Reserved.