スキー場のキッチンアルバイト体験談

スポンサーリンク

【スキー場でのキッチンアルバイトってどんな待遇なの?】

学生時代、短期的にできるアルバイトを探していて、ウインタースポーツをやることもあったのでスキー場でのキッチンでアルバイトを探しているのを見て応募し、1シーズンだけ働いた体験を基に書きます。

給料は時給900円くらいで、勤務時間 7時半から4時くらい。仕事場までの通勤は所定場所からのバス送迎で移動でした。冬季の短期バイトだったので、冬休み期間にほかのアルバイトと掛け持ちでやっていました。勤務の期間はスキー場がオープンする 1シーズン(12月から3月)

嬉しかったのは、バイトシーズン中、仕事場のスキー場リフト乗り放題と、レンタルし放題だったことです。レンタルは平日限定でしたが大学生だったので有意義に使えました。

【スキー場でのアルバイトってきついイメージ?】

スキー場でのキッチンのアルバイトの業務内容は、キッチンでの補助作業がメインで、ポテトを揚げたり、そば、うどんを茹でたりすることが多かったです。

寒い、きつい、というイメージがあるかもしれませんが、自分はもともとウインタースポーツが好きでスキー場にもいいイメージしかなかったので、そういったところは特に気になりませんでした。場所も好きだし、仕事自体もそこまできつくはなく時給も900円と不満はなかったので、自分の好きな場所で楽しく仕事ができていた記憶です。
場所までも送迎バスがあったので不便だと思うことは特にありませんでしたね。

基本的に指示や指導はあまりないので、もちろん料理ができないと仕事にならないとは思います。スキー場が好きで、料理ができる人にとっては、特にきついアルバイト、というイメージはつかないと思います。

【大学生でも楽しく仕事ができる!スキー場でのバイト】

自分はスキー場でのキッチンのアルバイトを友達と2人でやってたので、バイト自体がとても楽しかったです。大学時代のバイトではありますが、他のアルバイトの人の中には
高校生やフリーター、他の学校の学生などいろんな人がいて、交流が楽しかったです。
スキー場だけあってウインタースポーツをするような感じの人が多かったので結構みんな陽気なキャラで、最初はちょっとなじむのに時間がかかりましたが、いろんな人付き合いを経験できたのもこのアルバイトでよかったところかなと感じます。

スキー場までの送迎バスがあるとはいっても朝はとにかく早かったので、そこは少しつらかったです。朝に強い人・寒さに強い人におすすめしますね。終わりの時間は遅くなかったので、帰ってから自分の時間も取れて、まあそこはよかったかなとは思いますが。

キッチンでのバイトは、基本的にほぼ指示がなく、自分でどこにどう補助でつけばいいかその場で考えて動く必要があったので、黙っていると邪魔者扱いされました。仕事場をよく見る力はここでついたんじゃないかなと思います。アルバイトとはいっても来場者が集まる時間帯はかなり忙しいので人手として重宝されますし、たくさん動く必要があったので、判断力は鍛えられたアルバイトだったなと思います。

考えて動くところとか、朝がきつかったところ、が、大変だったと思うバイトの仕事内容でしたが、給料も不満はなかったし、スキー場でのキッチンのバイトは割に合った仕事だったなと感じます。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク