仕事内容と目的は?大学生に人気の交通量調査のバイト!

大学生が体験する交通量調査のバイト
TheDigitalArtist / Pixabay

交通量調査のバイトは、学生にとっては割とスタンダードな日払いバイトだと思います。

ただ、これからやってみようかなと思う方は、色々不明な点も多いとおもうので、今回の体験談がそんな交通量調査バイトを探している大学生の役に立てばと思います。

スポンサーリンク

学生に人気の日払い交通量調査バイトはどんな種類がある?

私が大学生の時にやった交通量調査の日払いバイトは、2つありました。

1つは街で見かけたことがある椅子に座ってカチカチ数を数えているあれです。たぶん交通量調査というと思い浮かべるひとりで椅子に座ってボードを膝にのせてカチカチ数を数えるのとほぼ同じなんですが、長テーブルに複数人で座って行っていました。

疲れたけどなかなかの 天職だと思った👣👣 #齋藤研 #交通量調査 #工セミ

りゅうがさん(@krpino911)がシェアした投稿 –

もう1つは、雇い主の会社の社員さんが運転する車の助手席に乗って、同じルートを何秒で通過したかタイムを計るというものでした。これは、橋を造った会社から出ていた交通量調査の求人でした。

交通量調査のアルバイト 1日の流れは?トイレに行けるの?休憩と食事は?

交通量調査のアルバイトで気になるのは1日の流れやトイレ休憩、お昼ご飯など食事だと思います。

私もどうなるのか不安でしたが、求人に休憩時間が書いてあるし何とかなるかなという感じであまり深く考えずに応募しました。

1日の流れは以下の様になっています。

  1. まず朝5時に指定の場所まで集合します。
    これが一番大変でした。早起きできないダメな大学生活をしていたので集合時間に遅れないか心配でした。私も無事時間までに集合できました。寝ないで来たって人もいて凄いなって思いました。
  2. 次に担当する社員さんの自己紹介と簡単な今回のアルバイトの説明がありました。
  3. その後交通量調査をする地区ごとに担当を分けられて、用意されたミニバンに分かれて乗って現場に向かいます。
  4. 現場についた後は、数を記入する用紙と注意事項が記載された用紙、カチカチ数える道具を渡されました。
  5. 昼休憩の時間になると社員さんから昼食のお弁当とお菓子、飲み物が配られました。もしかして好待遇だったのかもしれませんが何不自由なく昼食の休憩を終えました。
  6. 最後に数を集計した用紙を回収され、アルバイトはすぐにその場で日払いのバイト代が貰えました。
  7. 帰りは朝の集合場所まで車で送ってもらい解散。

バイトをやってわかった!交通量調査の目的は何なのか?

私がやった交通量調査は歩行者の数ではなく、通過する自動車(もちろんトラックも)を数えるアルバイトでした。

新しく橋を造ったことで渋滞が緩和されたかとか、交通量にどう変化があったかを調査して数値化しているらしいです。なので人通りよりも徒歩で行くより車で行くような場所だったのでトイレが利用できる施設が近くにありませんでした。

最寄りのコンビニまで社員さんにお願いして連れて行ってもらう方法でした。私は運よく?トイレに行きたくなったりしなかったので大丈夫でした。トイレ休憩は社員さんに報告し適宜とって大丈夫でした。

交通量調査のアルバイトは給料が高い

交通量調査のバイトは日払い高収入!

StockSnap / Pixabay


給料が高い。これは私が交通量調査のアルバイトを選んだ最大の理由です。

朝早いのとトイレや休憩が少し不便なのを除けば絶対いいアルバイトだと思います。給料が高いし、座ってできる割のいいアルバイトだと思いました。

昼食のお弁当などが出たのはラッキーだったと思いますが、それを除いても日給をその日に日払いで貰えて、なおかつ給料が高いので大学生におすすめの日払いバイトのひとつです。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク